2020/12/27のNHK「おはよう日本」のコーナーで新宿空手クラブの稽古風景が放送されました。

コロナ下の現況、手指消毒、常時換気、ソーシャルディスタンス、気合なし、接触稽古を減らすなどの対策を取って稽古を継続しています。

こどもの成長にとっては、その過程で適切な運動経験を積んでおくということが大切だと思います。コロナ下で危険と判断した場合は稽古を休止し、稽古を行うことが可能と判断した場合は適切な対応を取った上で稽古を続けることが重要だと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。